MENU
スポンサードリンク

花粉症-ダイビング対策

重度の花粉症を自覚している場合、花粉症の症状が出ている間はダイビングはできません。

 

抗ヒスタミン剤は窒素酔いを誘発する恐れがありますし、薬を服用していないため鼻づまりが解消できないなら、潜行の時、耳抜きができません。耳抜きがきちんとできまいまま潜行すると最悪鼓膜が破れたり、中耳炎になることも覚悟しなければなりません。

 

それでもダイビングをしたいなら、または仕事で潜らなければならないなら、花粉の飛散の少ない日や雨の日を選んで、深度の浅いところで行いましょう。点鼻薬なら効き方も局所的であるので大丈夫という人もいます。ただし抗ヒスタミン剤が引き起こす窒素酔いは海の中での酩酊状態です。服用していた抗ヒスタミン薬が体から完全に抜けていくのに1週間はかかるといいます。

 

主治医によく相談してから、ダイビング計画はたてましょう。

 

そもそも鼻づまりにならないように、管理人の心がけている花粉症予防の生活

スポンサードリンク

花粉症-ダイビング対策関連ページ

花粉症と風邪の違い
花粉症は、ある日突然発症します。発症しても初めは風邪との違いがわかりにくいのです。具体的に、何が違うのでしょうか?
花粉症の頭痛と対策
花粉症の症状の一つに頭痛という人もいますが、それは本当でしょうか?どうして花粉症で頭痛になるのでしょうか?
花粉症のくしゃみ対策
花粉症のくしゃみは、始まると止まりません。10回以上は、当たり前のように出ます。恥ずかしいだけでなく、顔がむくんでくることもあるほどです。管理人の症状と対策について。
花粉症の鼻水対策
花粉症の鼻水は、気づかないうちにつーっと垂れてくることです。本当に恥ずかしい「鼻水」対策について、管理人の対策を公開しています。
花粉症の鼻づまり対策
頑固な鼻づまりで「鼻声になる」「集中力がなくなる」のは、言葉にできないつらさです。管理人の症状と対策。
花粉症の目の痒み対策
目のかゆみは、眼がしらを抑えるだけで楽になることもありますが、白目の部分がゼリー状に膨らみ異物感を感じることもあります。花粉症の目のかゆみは、発症してしまうとステロイド点眼剤を使うのが、最も効果的です。
花粉症-妊娠時の注意
花粉症薬は、妊娠中は控えるべきものばかりです。まずは予防が大切。具体的にしておくべきこと、注意すべき点は?
花粉症とアロマ
花粉症の民間療法として、よく取り上げられるアロマですが、欧米では医師の処方のもと使われる薬効のあるものです。簡単で効果に実感できる使い方を紹介します。