MENU
スポンサードリンク

アレグラの効能-根本的な治療薬ではありません。

春、花粉症に悩む人の強い味方がアレグラです。

 

去年までは
「花粉症って、どんな感じ?」
などと、自分とは無縁のものと思っていた人にも突然襲いかかるのが花粉症。

 

現在、花粉症の最強の内服薬がアレグラです。何が最強かというと

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 目のかゆみ
等のつらい症状をしっかり抑えてくれるのに、ほかの花粉症の薬の副作用である眠気を、ほとんど感じないということです。絶対ないというわけではありませんが、他の抗ヒスタミン剤と比較すると圧倒的に感じません。

 

アレグラという薬の正体は塩酸フェキソフェナジンというものです。

 

アレグラは花粉症だけの薬というわけではなく、アレルギー全般に効く薬です。アレグラを服用する際に知っておきたい大切なことといえば、花粉症を治すものではないということでしょう。くしゃみ、鼻水、鼻づまり、かゆみなどのアレルギー症状を抑えることはできますが、そのものを治療するというわけではないのです。

 

アレグラはアレルギーに対して使われる薬で、その症状を和らげるときに利用されます。アレグラの用法・用量は、1回60ミリグラムを1日2回が基本です。

 

アレグラは、ヒスタミンという体内で分泌される物質の生成を抑えて、さまざまなアレルギー症状を改善します。
このヒスタミンこそがアレルギー症状の原因なのです。
アレグラはこのヒスタミンを抑制するから、抗ヒスタミン剤とも呼ばれます。

 

ただアレグラは、あくまで症状改善、軽減などの対症療法の薬であり、根本的に花粉症を治す薬ではありません。

 

>>管理人の心がけている花粉症予防の生活

スポンサードリンク

アレグラの効能を知っておきましょう。治療薬ではありません。関連ページ

アレグラの副作用
アレグラの副作用は、ほとんどありませんが、花粉飛散時期に、ずっと飲み続けていると不安になることはありませんか?知っておくべきアレグラの基礎知識について記載しています。
アレグラに眠気は?
副作用がほとんどないと言われているアレグラですが、頭痛、眠気を感じる人もいます。その場合は、必ずかかりつけの医師に相談して、体質に合った別の薬を処方してもらいましょう。また薬を絶って、民間療法の甜茶やアロマでアレグラが不要になることもあります。
アレグラは市販薬?
アレグラは市販薬となりました。処方箋がなくても購入はで着るようになったのが有難いですね。通販を利用して1日1回の服用で済む個人輸入で購入することも簡単です。
アレグラは通販可能?
アレグラは個人輸入を行っているサイトからも簡単に購入することができます。アレグラが自分の体質に合っていることがわかっている場合、個人輸入できる1日1回服用のアレグラも便利です。
アレグラジェネリック
アレグラのジェネリック薬品は、個人輸入で簡単に手に入れられます。便利な反面、すべては自己責任になりますので、購入は慎重に!
アレグラとクラリチン
アレグラとクラリチンは、どちらも眠気のないお薬です。効き方は人ぞれぞれですが、一般的にクラリチンの方が穏やかで、アレグラのほうが強いようです。