MENU
スポンサードリンク

副作用がほとんどないアレグラ!でも全くないわけではありません。

アレグラも薬である以上、副作用を考えてしまいます。

アレグラ 副作用

 

アレグラはアレルギー症状の緩和によく利用される薬で、抗ヒスタミン剤とも呼ばれます。アレルギー症状の原因となるヒスタミンを抑制します。こう聞くと、なんとなくきつそうな薬で、その副作用が気になりますよね。
抗ヒスタミン剤といえば、よくある副作用が眠気です。

 

これまでに花粉症などで薬を服用してきた方は一度思い出してみてください。服用中、体がだるいと感じたり、1日中眠いと感じた経験はないでしょうか。多くの抗ヒスタミン剤にこのような副作用が考えられます。
しかしこのアレグラのメリットは、副作用である眠気をほとんど感じないということです。

 

まれに頭痛、吐き気といった副作用が考えられるでしょう。本当に酷い頭痛や吐き気はショック症状であるアナフィラキシーのこともありますので、すぐに主治医に連絡しましょう。また服用が長期になり、肌や白目が黄色くなったり褐色の尿が出た場合は、肝機能障害の疑いがあります。

 

めったにないこととはいえ、アレグラに限らず長期間服用する薬の副作用は重篤なものになる危険をはらんでいます。今まで大丈夫だったから、大丈夫に決まっていると思い込みがちです。しかし普段と明らかに違う症状が現れたら、必ず主治医に相談してください。

 

>>管理人の心がけている花粉症予防の生活

スポンサードリンク

アレグラの副作用について知っていますか?【花粉症対策】関連ページ

アレグラの効能
アレグラは、1日2回飲むだけですが、かなり強い薬です。効能として、つらい症状は改善しますが、根本的な治療薬ではありません。
アレグラに眠気は?
副作用がほとんどないと言われているアレグラですが、頭痛、眠気を感じる人もいます。その場合は、必ずかかりつけの医師に相談して、体質に合った別の薬を処方してもらいましょう。また薬を絶って、民間療法の甜茶やアロマでアレグラが不要になることもあります。
アレグラは市販薬?
アレグラは市販薬となりました。処方箋がなくても購入はで着るようになったのが有難いですね。通販を利用して1日1回の服用で済む個人輸入で購入することも簡単です。
アレグラは通販可能?
アレグラは個人輸入を行っているサイトからも簡単に購入することができます。アレグラが自分の体質に合っていることがわかっている場合、個人輸入できる1日1回服用のアレグラも便利です。
アレグラジェネリック
アレグラのジェネリック薬品は、個人輸入で簡単に手に入れられます。便利な反面、すべては自己責任になりますので、購入は慎重に!
アレグラとクラリチン
アレグラとクラリチンは、どちらも眠気のないお薬です。効き方は人ぞれぞれですが、一般的にクラリチンの方が穏やかで、アレグラのほうが強いようです。