MENU
スポンサードリンク

花粉症-妊娠時の注意

妊娠すると、ホルモンのバランスが変化するせいか、花粉症の季節も問題なく過ごせる妊婦さんも見かけます。そうでない場合は、ステロイド系の薬は妊娠中は避けるべきなので、厄介です。
【予防方法】
ヨーグルトを毎日食べたり甜茶を飲んだりするのが、最も安全で効果のある予防法です。室内には空気清浄機が設置できると、いいですね。

 

問題なのは、臨月近くになって、お腹の中で、最も赤ちゃんが成長しているときにくしゃみが連発して出ることです。このくしゃみが引き金になって、陣痛につながることがあるからです。鼻水や鼻づまり、呼吸がしにくいことによる頭痛などは、苦しいものですが赤ちゃんに影響はありません。

 

しかしながらクシャミは違います。

 

【対症療法】
できる限り外出は控え、どうしてもというときには完全防備で出かけましょう。外出の際にはマスクやメガネで花粉をガードして、難しいことですがストレスの少ないマタニティライフを送るのが赤ちゃんのためにもよいでしょう。

 

管理人の心がけている花粉症予防の生活

スポンサードリンク

花粉症-妊娠時の注意と対策関連ページ

花粉症と風邪の違い
花粉症は、ある日突然発症します。発症しても初めは風邪との違いがわかりにくいのです。具体的に、何が違うのでしょうか?
花粉症の頭痛と対策
花粉症の症状の一つに頭痛という人もいますが、それは本当でしょうか?どうして花粉症で頭痛になるのでしょうか?
花粉症のくしゃみ対策
花粉症のくしゃみは、始まると止まりません。10回以上は、当たり前のように出ます。恥ずかしいだけでなく、顔がむくんでくることもあるほどです。管理人の症状と対策について。
花粉症の鼻水対策
花粉症の鼻水は、気づかないうちにつーっと垂れてくることです。本当に恥ずかしい「鼻水」対策について、管理人の対策を公開しています。
花粉症の鼻づまり対策
頑固な鼻づまりで「鼻声になる」「集中力がなくなる」のは、言葉にできないつらさです。管理人の症状と対策。
花粉症の目の痒み対策
目のかゆみは、眼がしらを抑えるだけで楽になることもありますが、白目の部分がゼリー状に膨らみ異物感を感じることもあります。花粉症の目のかゆみは、発症してしまうとステロイド点眼剤を使うのが、最も効果的です。
花粉症ダイビング対策
ダイバーにとっては、潜りたいときに潜れないのは辛いものです。しかし無理して潜れば、大きな事故につながる可能性も出てきます。花粉症を気にしながらのダイビング対策とは?
花粉症とアロマ
花粉症の民間療法として、よく取り上げられるアロマですが、欧米では医師の処方のもと使われる薬効のあるものです。簡単で効果に実感できる使い方を紹介します。