MENU
スポンサードリンク

アレグラは花粉症にだけ効くのでしょうか。市販されていますか?

花粉症については、現在70%以上の患者さんにアレグラが処方されているといいます。

 

処方箋の必要な薬でしたが、今では市販薬として薬局で購入できるようになりました。毎回、病院へ行かなくてはならないのは大変ですから、市販薬となったのはありがたいですね。しかし、対症療法薬として、飲み続けているのも心配です。アレグラについての基礎知識をまとめました。

抗アレルギー薬で花粉症を解消

スポンサードリンク

アレグラについての基礎知識。副作用は?成分は?記事一覧

春、花粉症に悩む人の強い味方がアレグラです。去年までは「花粉症って、どんな感じ?」などと、自分とは無縁のものと思っていた人にも突然襲いかかるのが花粉症。現在、花粉症の最強の内服薬がアレグラです。何が最強かというとくしゃみ鼻水鼻づまり目のかゆみ等のつらい症状をしっかり抑えてくれるのに、ほかの花粉症の薬の副作用である眠気を、ほとんど感じないということです。絶対ないというわけではありませんが、他の抗ヒス...

アレグラも薬である以上、副作用を考えてしまいます。アレグラはアレルギー症状の緩和によく利用される薬で、抗ヒスタミン剤とも呼ばれます。アレルギー症状の原因となるヒスタミンを抑制します。こう聞くと、なんとなくきつそうな薬で、その副作用が気になりますよね。抗ヒスタミン剤といえば、よくある副作用が眠気です。これまでに花粉症などで薬を服用してきた方は一度思い出してみてください。服用中、体がだるいと感じたり、...

風邪薬やアレルギー症状を鎮める薬を飲むと眠いと感じることはありませんか。また病院などでそういった薬を処方される場合、医師に「眠くなることがあるので、車の運転は控えてくださいね」と告げられることも、しばしばあります。アレグラのようにアレルギーを鎮める抗ヒスタミン剤には、本当にいろいろな種類があります。普通血液に混じる薬は、脳には進入しないようにバリアがはられているものなのです。しかし抗ヒスタミン剤は...

数多くある抗ヒスタミン剤の中でも人気のあるアレグラ。これは眠気が少ないということが背景にありますが、中には薬を処方してもらうために何回も通院しているとういうことでお困りの方もいるでしょう。アレグラは市販薬なのかどうかを知りたい方も多いのではないでしょうか。アレグラは市販薬となりました。病院でちゃんと処方してもらわなくても手に入れられる薬なのです。アレグラは抗ヒスタミン剤のひとつです。抗ヒスタミン剤...

眠くならない抗ヒスタミン剤として有名なアレグラ。花粉症などのアレルギーでお悩みの方には欠かせない存在です。さてこのアレグラですが、日本でも市販される薬となりました。医師の処方箋が必要ではありません。通販で購入することも可能です。アレグラの個人輸入は180mg錠で1日1回の服用となりますので、日本の処方1日2回服用より気軽になります。現在ではインターネットがとっても便利な時代となりましたよね。アレグ...

まだまだ日本では認知度の低いジェネリック医薬品。欧米諸国ではもうかなり浸透しているものです。ジェネリック医薬品のメリットは、なんといっても価格がオリジナルの約半分くらいになるということでしょう。ですから買う側にとってはとてもありがたい存在ですね。ところで花粉症の症状を緩和するアレグラ、これのジェネリック医薬品はあるのでしょうか。長い間これを待っている方も多いはずです。アレグラのジェネリック医薬品は...

花粉症を初めとするアレルギー症状。その症状は厄介で生活に支障をきたしてしまうほとですから、本当にいやなものですよね。しかしありがたいことに今ではいろんなアレルギー症状を鎮める薬が開発されています。アレルギー症状を抑える抗ヒスタミン剤として、アレグラとクラリチンという薬があります。どちらも病院でよく処方される眠気の少ない抗ヒスタミン剤です。この2つの薬に関して、よくある質問が「アレグラとクラリチンの...