MENU
スポンサードリンク

アレグラとクラリチン、どちらがよく効くの?

花粉症を初めとするアレルギー症状。その症状は厄介で生活に支障をきたしてしまうほとですから、本当にいやなものですよね。しかしありがたいことに今ではいろんなアレルギー症状を鎮める薬が開発されています。

アレグラ クラリチン

 

アレルギー症状を抑える抗ヒスタミン剤として、アレグラとクラリチンという薬があります。どちらも病院でよく処方される眠気の少ない抗ヒスタミン剤です。この2つの薬に関して、よくある質問が
「アレグラとクラリチンのどちらがよりよい薬であるか」
ということなのです。
アレルギーに悩まれる方には、かなり気になるポイントですよね。

 

クラリチンは効き目が穏やかで、アレルギー症状がきつい時には症状を抑えることができません。くしゃみ、鼻水、鼻づまりが酷い時にクラリチンを飲んでも、全くと言っていいほど症状は改善されません。ただしクラリチンは花粉症の症状が発症する前の1月末あたりから服用していると、花粉が飛んでいる時期になっても、ほとんど症状が出なかったり、出てもくしゃみ数回程度と少々の鼻づまりレベルに軽減されることを体験しています。耳鼻科専門医がオススメの花粉症予防策です。

 

クラリチンはハウスダストで1年中アレルギー症状に悩まされている方が、常用している薬としても認知度が高いもの。一般的にクラリチンのほうが、長期服用するには安心といえます。

 

そして、クラリチンで抑えきれないくらいアレルギー症状が酷くなったとき、また花粉が例年より早く飛散し始めて、いきなりアレルギー症状に見舞われてしまったときは、アレグラを服用しましょう。

 

花粉症の辛い症状を抑えるのに、どちらが強く効くかといえばアレグラですが、体の負担を抑えて長期服用に適しているのはクラリチンです。

 

アレグラ 180mg
>>アレグラ180mg<<

 

 

 

繰り返しになりますが、クラリチンもアレグラも、症状を抑えることはできますが根本的な治療薬ではありません。あくまで対症療法として服用するお薬です。雨の日が続いて花粉の飛散量が少ないようだから、服用を控えるといった方法もありです。ずっと服用していたほうが症状を抑える効果は継続しますが、長い目で見て体にとって良いというわけではありません。

 

ケースバイケースで自分にとって快適な生活を送れるような服用の仕方を心がけましょう。

 

>>管理人の心がけている花粉症予防の生活

スポンサードリンク

アレグラとクラリチン関連ページ

アレグラの効能
アレグラは、1日2回飲むだけですが、かなり強い薬です。効能として、つらい症状は改善しますが、根本的な治療薬ではありません。
アレグラの副作用
アレグラの副作用は、ほとんどありませんが、花粉飛散時期に、ずっと飲み続けていると不安になることはありませんか?知っておくべきアレグラの基礎知識について記載しています。
アレグラに眠気は?
副作用がほとんどないと言われているアレグラですが、頭痛、眠気を感じる人もいます。その場合は、必ずかかりつけの医師に相談して、体質に合った別の薬を処方してもらいましょう。また薬を絶って、民間療法の甜茶やアロマでアレグラが不要になることもあります。
アレグラは市販薬?
アレグラは市販薬となりました。処方箋がなくても購入はで着るようになったのが有難いですね。通販を利用して1日1回の服用で済む個人輸入で購入することも簡単です。
アレグラは通販可能?
アレグラは個人輸入を行っているサイトからも簡単に購入することができます。アレグラが自分の体質に合っていることがわかっている場合、個人輸入できる1日1回服用のアレグラも便利です。
アレグラジェネリック
アレグラのジェネリック薬品は、個人輸入で簡単に手に入れられます。便利な反面、すべては自己責任になりますので、購入は慎重に!