MENU
スポンサードリンク

花粉症の原因を知る【花粉症のメカニズム】

花粉症は、アレルギー性疾患の一つです。花粉が、鼻や目などを通して体内に入ってくると、それに対して抗体がつくられます。毎年毎年、花粉を吸い続けて抗体の量が一定量になったあとも、花粉が引き続き体内に侵入してくると、抗体は花粉を追い出そうとするのです。 すると
  • クシャミ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 目のかゆみ
などのアレルギー症状が出てくるのです。 花粉症を発症する人、しない人の違いは、
抗体の量が人によって違うこと
そもそもこの抗体がつくられない人もいること
が、原因なのです。

簡単生活チェック〜これだけは絶対取り入れましょう!〜

マスクをつける
PM2.5対策としても有効です。ポイントは自分の顔に合った使い捨て花粉症対策マスク。付着した花粉や細菌と一緒に捨てられるので手間もかからず安心です。
花粉対策用メガネをつける
できれば隙間のないゴーグルタイプの花粉症対策メガネがおススメ。 基本的にコンタクトレンズはしないほうが良いでしょう。コンタクトレンズをするならワンデーの使い捨てを!またカラコンであれば安全に妥協せず品質を追及したものを!国産が安心。カラコン特有の眼病は花粉症よりも厄介です。
洗濯物は室内に干す
衣類やタオルへの花粉の付着をシャットアウトしましょう。洗濯物は室内干し用洗剤を使って喉や鼻の粘膜保護にも気をつけて。外出先から帰宅したら、玄関に入る前に上着や髪、カバンを叩き花粉を落としましょう。
目を洗う
目を洗うのは、かゆみや充血に有効です。目の花粉を洗い流す専用の薬液を使うとスッキリします。
鼻うがいをする
専用薬液でなくても大丈夫。難しいと思っていましたが意外と簡単にできるものです。最初だけ市販品を購入して、その後は食塩水で洗っても気持ちが良いですね^ ^
スポンサードリンク

花粉症の原因を知る【花粉症のメカニズム】関連ページ

花粉症予防の生活
花粉飛散時期の生活の仕方、服の取り扱い方について、管理人の経験をもとに、花粉症の症状を軽減するための花粉症対策について記載しています。
花粉症対策する時期
スギ、ヒノキ、シラカバ、イネなどの花粉が飛散する正確な時期を知って、事前に花粉症対策を始めましょう。